日記みたいなもの。

日々の日常とか備忘録を稀に書きます、多分

ガチ恋

Twitterのフォロワーさんなら御存知の通り、ここ最近私はとある店舗型風俗店に週1で約1ヶ月間通っている。

目的はその店に在籍するとある風俗嬢に会うためだ。

 

年齢は20歳と年下であり、声優の大坪由佳やAV女優の上原亜衣などその系統の顔をしており大変好みなものである。

初めての出会いであるが、彼女は入店したばかりどころか入店初日であり、しかも私は3人目の客であった。

第一印象はとにかく可愛いの一言であったが、前に付き合っていたメンヘラの彼女(こちらも上原亜衣似で可愛い)に似ていた為どこか複雑な気分になったのもここで告白させて頂く。

 

しかし、私がその娘に惹かれた一番の理由は顔ではない。

勿論顔も好みで可愛いのだが、なにより一緒にいて楽しいのだ。

 実際、今はプレイ(抜き)せずひたすら話すだけであったり、少し甘えたりとその程度で終わらせている。

プレイするより会話や少し触れたりと行った程度で終了したほうが欲求が満たされると気づいてしまったのである。

 

現状、金でつながっている関係であるが、1回目にフリーで入り2回目には既に顔認知や会話を覚えて貰えてたこと、クリスマスの週にはクリスマスプレゼントを貰える約束をしたこと、イソジンなしキスをしたこと、過去のことや名字を少し教えてもらったりと通っている分多少は他の客より営業面で優遇されているのではないかと思う。

本当は店舗の外で話したり連絡先を教えてもらいたいが、その娘が私を客としか見てないことと私自身あまりそういうのを積極的に迫る事ができる性格ではないためコレ以上の進展は難しいかと。

 

週1で約1ヶ月間、惹かれてしまったその風俗嬢におおよそ11万ほど使ってしまったが後悔はしていない…と言うと嘘になるため、概ね後悔していないという事にしておこう。

就職活動

 就職活動だが、最近またやる気が出てきたため精力的(?)に取り組んでいる。

社会人中途採用での応募になるが、アルバイト経験しか無い私は他の応募者と比べかなり不利な状況である。

最近受けた企業ではJR◯物やK阪電鉄があったが、JR◯物は1次選考(履歴書・SPI・クレペリン)落ち、K阪電鉄は3次選考(面接)で落ちてしまった。

今日は昨年最終面接で落ちたN古屋鉄道へ送る履歴書を書いたり、K畿日本鉄道へエントリーしたりしたが…さて、どうなることだか。

 

 

バイトを始め、バイトを辞めた話

11月1日から、約4ヶ月ぶりにアルバイトを始めた。

今回のバイト先はチェーンの自転車屋(あ◯ひではない)であり、時給は960円と地元ではかなり良い待遇であったがとにかく暇すぎた。

やることと言えば、ひたすら仁王立ちするくらいのことしか無い。そもそも客が片手で数えられる程度しかこないので当然といえば当然である。

しかも、雇用契約書もなければ労働条件通知書すらなく、休憩は7時間勤務の内10分だけというタメ息しかでない職場であった。

上記の通り出勤前に憂鬱になる程にアレな職場であった為、覚悟を決め今日店長に退職を願い出た。

こうして、今回はフリーター歴1週間・勤務日数3日というあまりにも情けない結果に終わってしまった。

明日から、また無職である。

 

俺、知床鈴説

ハイスクール・フリート(以下はいふり)というアニメがある。

2016年の4月から6月にかけ放送され、

飛行機が存在しない世界で、日本の低地の大半が海中に沈んだパラレルワールドを舞台に、海を守る職業であるブルーマーメイドになることを目指し、その養成に入学した女子生徒たちの姿を描く(Wikipediaより引用)

 

という内容の作品であるが、私も今年の初夏にこの作品を初めて視聴し、すっかりとはいふりの虜になってしまった。

そのはいふりに、今回の記事タイトルにもある知床 鈴というキャラクターが登場する。

f:id:M_4uyh:20170930211611j:plain

大変可愛らしく、私が一番好きなはいふりキャラである。

しかし、本日ニコニコ動画にて114514回目のはいふり第一話「初航海でピンチ!」を視聴したところ、思いもよらない事実が判明した。

それが「俺、知床鈴説」である。

「お前みたいなキモスがリンちゃんなわけないだろ!いい加減にしろ!」というお叱りを受けるのは目に見えているが、最後まで是非お付き合い頂きたい。

また、はいふりビギナーであるため間違いや勘違いなど多々あると思うが、そこはご容赦願いたい。

根拠1 超心配性

 彼女の性格の特徴は常におどおどとしており、超心配性であるところだ。また作中では多くのシーンで涙を浮かべてる。私もマイナス思考で超心配性な上、怯えて自信がない為か落ち着きが無く、また幼少の時から簡単に泣いてしまうような人間である。

ちなみに数日前、母にきつく叱られ二十歳を過ぎているにもかかわらず泣いてしまったことを、ここで告白させていただく。

根拠2 真面目系クズ

はいふり5話「武蔵でピンチ!」にて彼女が心理テストを受けたところ、「真面目系クズ」という結果が出てしまった。私はいかにも教室の隅っこ1人でいそうな見た目(地下アイドル談)ではあるが、「就活」と称し地下アイドルに会いくための交通費をせびったり、学生時代にはアニメ系ライブに行くために「就活」として公欠届をだしたりと、クズそのものである。しかしあくまで彼女の場合は心理テストのため、本当に真面目系クズなのかは疑問に思うところがある。

 根拠3 逃げの人生

根拠2での心理テストの結果にショックを受けた彼女は次のようなセリフを発した。

当たってると思う…だって私逃げてばっかりの逃げ逃げ人生だし…

(はいふり5話「武蔵でピンチ!」より)

 この発言の通り、彼女は幼い頃から怖がりの為か逃げてばかりの人生である。私も怖いものからとにかく逃げてきた人生であり、また現在進行形で「就活」というものから逃げている。

根拠4 薬の持ち歩き

彼女は根拠1のような性格のためストレスがたまりやすいのか、胃痛に悩まされ、常に胃薬を持ち歩いている。胃痛ではないが、私もストレスからくる過敏性腸症候群のため薬を持ち歩いている。ちなみに私が持ち歩いてる薬は小林製薬の「ガスピタン」である。

www.amazon.co.jp

根拠5 得意科目

彼女の得意科目は生物と美術である。私は上手いとは言えないが幼い頃からよく絵を描いたため、小中高と美術系科目は最高評価以外頂いたことはないだけではなく、片手で数えられる程度ではあるが作品展において入賞したこともある。また生物は、理系科目で私が唯一人並みに出来る科目でもある。

根拠6 アナグラム

「知床鈴」、そして彼女の幼馴染であり同じくはいふりの登場人物である「内田まゆみ」を英語表記とすると以下のようになる。

  • SIRETOKO RIN
  • UCHIDA MAYUMI

そして、これらの中のKOINDUMIを並び替えると以下のようになる。

D O K I N 

たまげたなぁ…MIDOUKIN(みどうきん)という私の少し前のツイネーム、またははてなブログのプロフィール名が完成するではないか。

結論

上記の根拠から私は知床鈴であり、ブルマー(ブルーマーメイド、海の治安を守る女性の職業)になることを目指し日々奮闘している。

Q.E.D. 証明終了

 

 あとがき

 今日で9月が終わり10月が始まる。7月のはじめにバイトを辞め、以来家にこもりっぱなしで何もしない日々が続くが…10月はどうなることか。